私は、大の文字がつくほどの、カレー好きな人間です。

現在はだいぶ落ち着いているのですが、若かった頃は、本当にカレーばかり食べてるような人間でした。以前、大学に通っていて一人暮らししていた時には約2〜3週間、カレーのみで過ごしていたことがあります。それを友達に話したら、当然ながら驚いてました。確かに、3週間近く同じご飯だけで過ごすというのは、冷静に考えて、よく飽きなかったなと思いますね。

 

 好きなカレーは、牛肉がたっぷり入ったカレーです。じっくりコトコト煮込んだ、やらかい牛肉の入ったカレーが大好きです。現在、セブン-イレブンで販売されている、「金のビーフカレー」のようなものが好きです。

 

 だけど、カレーの味や種類にはこだわりがなく、カレーだったら何でも食べれます。肉がたっぷりなカレーはもちろん、野菜たっぷりなカレーやシーフードカレー、手作りカレーからレトルトカレーまで、なんでも大好きです。時には、カレーのルーのみ入れる「具なしカレー」も作って、食べていました。カレーの味もそうなのですが、レトルト食品の種類も豊富ですし、料理が苦手でも、手軽に作ることができますし、ちゃんとすれば、何日も保存が効くのもいいんですよね。自分は料理が苦手ですし、学生時代なんかはお金もなかった事も、何日もカレーを食べる食生活が続いた要因でもあります。

 

 ただ、そのような偏食がたたったのか、時折、健康を崩すことがありました。大学時代には、偏った食生活などが原因で、膵炎にかかり、1ヶ月ほど入院したことがあります。社会人となった現在は、健康診断など受けても、特に問題はないという診断を受けますが、個人的には体重増加や内臓脂肪、メタボなども気になっています。

 

 本当なら、カレーばかり食べるような偏食を変えていくのが理想なのでしょうが、やはり好きな物を食べたいですし、手軽に食べることができるので、中々やめられません。なので、今は開き直って、偏食と上手に付き合っていく食生活を心がけるようにしています。
 今でも頻繁にカレーを食べていますが、前述のとおり健康を崩す経験があったので、今はバランスの良い食生活や栄養習慣を心がけています。例えば、カロリー控えめなカレーレシピを作ってみたり、カレーと一緒に野菜や魚類を積極的に摂って栄養バランスを整えたり、また、最近は足りなさそうな栄養を補うために、サプリメントなども飲んでみたりしています。もちろん、食生活改善だけでなく、運動習慣の改善なども実践しています。

 

 どの程度効果があるかわかりませんが、大好きなカレーと上手に付き合っていくために、健康的な食生活を心がけていこうと思います。