私は食べる事が嫌いではありません。

食べるよりも酒を飲むのが好き、だからつまみ系の物は好んで選んでしまいます。豚バラ肉など脂身も好きで、豚串などは好物で毎日でもいいくらい食べたいです。朝や昼はまだいいのですが晩御飯はたくさん食べて、飲みたいという衝動にかられます。おかずをつまみにして酒を飲み、おにぎりを締めに食べてしまうという感じです。周りからは絶対に病気になると思われているでしょう。でも強く言う人はいません。だから好き放題に食べているのです。

 

こういう生活を続けてきたせいか、健康診断で肝臓に脂がついていると結果が出ました。この事を周りに話したら「これは注意した方がいいよ」と言われました。私自身は体調的には気にしていないけど、顔が黒っぽくなっているかなとは思う時があります。しかし日々のストレスには食べ物に解消してもらっている感じがするのです。疲れた時には食べて、満腹で寝るのが至福の時なのです。人として一番幸せな時が私にとってはこれしかないのです。ストレス発散がこれなのです。

 

しかしパートナーからお酒は週末以外は禁止と言い渡されました。健康診断の数値を重く見てそういったのです。このため食事が終わるとすぐに席を離れて、スイッチオフすることにしました。長くいると食べたり飲んだりしたくなるからです。でも行く場所はベット。すぐに横になってテレビを見るしかないやることがないのです。自分的には疲れているから、仕事が終われば好きなことをしたいと思っているだけなのですが、パートナーはそうは考えていないみたいです。

 

自分では食事は制限されていると思っていたのですが、効果は分かりません。年を重ねてくると健康への影響が気にならないとは嘘になります。よくテレビでサプリのCMをよく見かけるので試してみるのも良いかなと思ったりします。自分の食べるものの嗜好や食べる量や癖はなかなか急に変えることはできません。もともと何が正しくて自分の何が悪いのかもわからないからです。

 

自分の食べたいように食べると本当に満足した気分になれるからやっているだけなのです。悪気はないのですが、心配している人からは怒られてしまうのです。いい年をして指図されるのは本当な嫌なことだけど、言ってくれている人の気持ちも考えないとダメだなと思うようになってきました。自分は子どもの時はこんな食べ方はしなかったはず。それを思い返して、体に優しい健康な食べ方をしなくちゃと思っています。